星景写真

PENTAXカメラの機能の一つに、アストロレーサーというのがある。
別売りのO-GPS1をセットし、三脚にのせるだけでいい。
カメラ本体の手ブレ補正機能とO-GPS1のGPS機能とで、最大5分間の追尾撮影が出来る。

早速試しに南天の火星といて座の方向を撮ってみた。
市街地の明かりがかなり邪魔だけれど、結構綺麗に撮れていた。

左のTVアンテナの上方にある明るい星が火星。
右下の丸い樹木の左側に、いて座の南斗六星が見える。
その真上の方向に、天之川の中心方向が見える(はず)。
流石に明るすぎて銀河は見えない。
b0022692_16444012.jpg
撮影日時:2018/09/09 20:28:12
焦点距離:17.0 mm
35mm換算:25.0 mm
SS:20.9 秒
ISO感度:320
絞り:F4.0
露出プログラム:バルブ
測光モード:分割測光
画像データ:RAW
現像ソフト:SILKYPIX Developer Studio Pro 8


下の画像ならかなり見やすいかも知れない。
b0022692_16490785.jpg
撮影日時:2018/09/09 20:42:25
焦点距離:32.5 mm
35mm換算:49.0 mm
SS:49.9 秒
ISO感度:200
絞り:F4.5
露出プログラム:バルブ
測光モード:分割測光
画像データ:RAW
現像ソフト:SILKYPIX Developer Studio Pro 8


[PR]
by tamtium | 2018-09-10 16:54 | 夜空 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ひがんばな 遊び花火 >>