蓮の花

随分遅れてしまいましたけれど、今日は、川村美術館の蓮の花であります。
これまでは白い花は見かけなかったのでありますが、今年はかなり沢山見かけました。

こちらの蓮池も「大賀蓮」ということで名を馳せていましたけれど・・・・。
今年の蓮の花を見る限りでは、どうもそうばかりでは無いのかなぁと・・・・。

純種を保持していくことは難しいのでしょうけれど、この蓮池でも「大賀蓮」を名代にしていたのです。
少しでもそうあって欲しいと思ったのは私ばかりでは無いと思います。

でも、純種を維持していくことの難しさはよく分かります。
残念ですが、やむを得ないのでありましょうね。

①窓の中に
b0022692_16495471.jpg

②窓の中で-②
b0022692_16502531.jpg

③ふたり
b0022692_1651476.jpg

④象徴の樹
b0022692_16515542.jpg





⑤「ポッ!」と 音がして・・・・
b0022692_1652399.jpg

⑥雌蘂と雄蘂
b0022692_16525932.jpg

⑦散策
b0022692_16591837.jpg

⑧モネの睡蓮池
b0022692_1712374.jpg

⑨白糸
b0022692_1721489.jpg

[PR]
by tamtium | 2016-07-09 17:03 | 季節 | Comments(2)
Commented by jacky-mh at 2016-07-10 14:45
大賀ハス、古代ハス・・・
一万年の眠りから覚めた花!  当時はそう言われたのでしたね!

純種保存は難しいんですね~~・・・
Commented by tamtium at 2016-07-11 20:49
★jacky-mhさん、今晩は。
暑い日が続きますね。
大賀蓮が見つかった頃は、純粋培養が行われていたのでしょうけれど、あちこちへ拡大していく中で、雑種交配がかなり進んだらしいですね。

千葉市の千葉公園では、種が稔らないうちに取り除いているそうです。つまり、繁殖はレンコンのみということですから、純種保存が可能なわけですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 成田祇園祭 ヤマユリ >>