<   2009年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

傍系の春

久しぶりにあちこち歩いてきた。といっても,大した距離ではない。
3月末になって,急に気温が下がり,春とも思えない状況だ。
福星寺の枝垂れ桜は天辺の方はかなり咲いているとのこと。
早いうちに見に行かなければ……。

市内巷のソメイヨシノは,まだまだ固い蕾で,ほんの気持ちだけの開花だ。
それでも,間もなく咲き出して,入学式の頃には美しく咲き出していることであろう。
市内の公園の雪洞にも灯が入り,春の気分をかき立てている。

b0022692_21135614.jpg

b0022692_21143722.jpg
b0022692_211523.jpg
b0022692_21151975.jpg

[PR]
by tamtium | 2009-03-29 21:17 | Comments(2)

川村の春

蔵出しになってしまいました。
久々に行った川村美術館の春です。
b0022692_2352281.jpg

b0022692_23505594.jpg

b0022692_23494980.jpg

b0022692_2352328.jpg

[PR]
by tamtium | 2009-03-27 23:55 | Comments(2)

大島撮影旅行-5

ようやく今日で終わることができます~。当たり前のことですけれどね~。
とにかくいろいろな思いを感じた旅行でした。

昨日はあり得ない程の天気。
今日(3/3)は,思いもよらない天気。ほとんど泣き出しそうな空でした。
でもね!雨には遭わずに済んだのです~。\(^^@)/
そのかわり,写真はくすんでしまいましたけれどもね~。

先ずは,赤禿へ行きました。岩が赤いのは,溶岩のせいなのでした。
b0022692_1752106.jpg


その後,サンセットパームラインの突端まで行ったのですが,天候の具合が悪くって何もありません。
ということで,椿の森へ。
ここは,椿油をとるために,つばき以外の樹木を伐採した所だそうで,それこそ椿ばかりでした。
b0022692_1821026.jpg

b0022692_1845568.jpg


その後,裂け目火口跡を見て,元町港へ。
あの大島噴火の時の裂け目火口は元町に住む人たちの心胆を凍えさせたのだそうです。
あと2kmでこの町は駄目になったかも知れないとのことでした。

元町港から出航を待つ間,昼食は例のお店でご馳走になり,あちこちと楽しみました。
元町港は海底の浚渫をしていました。
b0022692_18133151.jpg


規定通り出港し,規定通り東京に到着しました。
b0022692_18175389.jpg

b0022692_18184670.jpg

楽しい,楽しい2日間でした。\(^^@)/
[PR]
by tamtium | 2009-03-17 18:19 | Comments(2)

大島撮影旅行-4

だいぶ間が開いてしまいましたが,大島編を続けます。
今日は特急ぐらいで出発で~す。

三原山を後にして,島の東にある椿園へ。
椿見本園や椿資料館などが整備されており,見本園ではさまざまな種類の椿が手入れされて花を開いています。また,資料館では椿油の取り方なども解説されていました。
広場では,あんこさんたちが一緒に写真に収まったり,踊りの披露などをしていました。

①メジロ
b0022692_10483884.jpg

②ツバキ
b0022692_1052022.jpg

b0022692_10523941.jpg

b0022692_10525741.jpg


昼も近いので,先ずは元町港へ向かう。
途中,房総半島から伊豆半島の先端まで見渡せる展望台があったので一休み。
眺めが素晴らしかった。
b0022692_1059267.jpg


元町港の乗船場すぐ前のお店に入る。
クサヤを食べちょっと呑んでいる間にお昼の食べ物が無くなってしまい,店を移ることに。
これには,ちょっとビックリでした。結局,朝食をした店で昼食でした。
店内に貼ってあった「つばき祭り」のポスターが藁屋根の素敵な民家。場所を聞き,出発。
教えてくれた人の言葉も簡単だったが,大体この辺りだと見当を付けたがなかなか分からない。
結局探し当てたところが郷土資料館のそばだった。
残念ながら建物の前のつばきはほとんど散ってしまっていたけれど,雰囲気が伝わりました。
b0022692_11122996.jpg


今度はつばきのトンネルを見ることにし,波浮港の方へと向かう。
波浮港の近くなのだが,道が分からない。
港の上に出て,道を山の方へと進と,やはりそれらしい雰囲気の所へと出ることができた。
しかし,椿の花は全く咲いてなくて残念でした。
b0022692_11313261.jpg


午後2時。夕陽を撮ることになっていたので,時間はたっぷりあります。
そこで,元町港の北にある,椿花ガーデンリス村へ。
途中,間伏地層切断面でもう一度撮影。午後の陽を受けて綺麗に見えました。
伊豆諸島も綺麗に見えたのでした。

広い斜面に椿が植栽され,たくさんの花が咲いていました。
リス村では囲いの中にリスが放し飼いにされ,お客から,ヒマワリの種をもらうと美味しそうに食べていました。
手のひらにも平気で乗ってきましたよ。
b0022692_11374474.jpg


ようやく,夕方の4時になりました。いよいよお目当ての夕陽撮影。
海辺からの予定でしたが,高い場所へ行こうと元町港の近くを山手へ向かいました。
でも,海は高い木や建物で見えません。三原山の展望台へ行こうということになり一路頂上まで。
心配された雲は夕陽の方向には流れず,目一杯夕陽を堪能しました。
b0022692_1215488.jpg

b0022692_1263129.jpg

b0022692_1210367.jpg

b0022692_12104655.jpg


夕陽を撮り終えて今夜のお宿へ一直線。
疲れをとりに立派な温泉施設へ。その名は「御神火温泉」。
温泉の後はお宿のご主人の心のこもった美味しい料理を堪能。
キンメダイとアカムツの刺身が美味しかったです。
かくして,ようやく2日目は終わったのであります。チャンチャン。

次回は翌日の1日です。
[PR]
by tamtium | 2009-03-16 12:19 | Comments(2)

大島撮影旅行-3

間が開いてしまいました。拡大教科書の印刷や整理などで時間を潰してしまいました。

さて,今日は,裏砂漠をあとにして,いよいよ本命の三原山です。
三原山への御神火スカイラインを上り詰めた駐車場からの眺めです。

①三原山遠景
b0022692_2347432.jpg

b0022692_23511062.jpg


②ふり返ると伊豆半島の上に富士山が見えました!
気高く美しい富士でした。
b0022692_2349546.jpg

b0022692_23492357.jpg


③御神火茶屋から見た三原山の噴煙
今は静かですが,何時また暴れ出すやら…
b0022692_23585215.jpg

b0022692_085111.jpg

この御神火茶屋では,往時の噴火のビデオを見せていただきました。凄まじいものでした。

④御神火茶屋を出て駐車場に戻りました。
下には元町港,上空には富士山が見えました。
b0022692_073138.jpg
b0022692_08116.jpg


今日はここまでで終わります。
次回は,島内の椿などを…
[PR]
by tamtium | 2009-03-10 00:13 | Comments(2)

大島撮影旅行-2

さてさて,波浮港を撮影したあと,三原山の「裏砂漠」へ向かったのであります。
海上は風が強く白波が立っていました。
風を避けることができない場所では,身も心も悴む思いでした。
強い北風に苛まれながら,必死で登ったのでした。
そこで見た景色の素晴らしさ!登った甲斐があったというものです。
荒涼とした景色,綺麗な富士山,そして…

①裏砂漠
b0022692_18461789.jpg

b0022692_18463526.jpg

b0022692_1847333.jpg

この辺りはもの凄い風が吹き荒れていました。手が悴んでしまい,上手く動きません。
何の工事でしょうか,重機が置いてありました。
下山するときに,3台の車で作業員が登ってくるのに出会いました。
b0022692_18472426.jpg


②富士山
展望台へ登ったのだけれど風が強く,さらに上にある展望台までは行けなかった。
しかし,富士山が綺麗に見えていたのが感動的だった。
b0022692_19165652.jpg

b0022692_191724100.jpg

b0022692_19181765.jpg

③作業を待つ重機
b0022692_19183743.jpg

[PR]
by tamtium | 2009-03-06 19:21 | Comments(8)

大島撮影旅行-1

写真グループの仲間に誘っていただき,3月1日22時発のカメリア丸で大島へ行ってきました。
船旅は快適でした。出港すると間もなく,東京湾に停泊して時間調整をするのでした。
①東京湾で
b0022692_10514999.jpg

b0022692_10522250.jpg


24時頃に就寝。
リクライニング式の椅子でした。
席がガラ空きなので4人分の所を利用してベッドの様にして寝ることができました。

翌る2日午前6時,大島の北側にある岡田港に到着。大島2日の天気は全日晴の予報。
幸先の良い旅です。
②岡田港の防波堤
b0022692_10563352.jpg


港に上陸後,レンタカーで朝食に。岡田港には食べられる場所がないので島の西側にある元町港へ。
港のすぐ前に,営業中の食堂があり,暖かい朝食を食べることが出来ました。
途中,オオシマザクラの並木があり,満開の様相でした。

朝食後先ずは地層切断面を見に。ようやく,撮影旅行が始まりました。
ここの地層断面は,道路建設で切り崩したときに現れたそうです。
大きなバウムクーヘンのようです。縞模様は90層を超えるそうです。
③地層
b0022692_11132169.jpg

b0022692_1114350.jpg

④伊豆諸島を望む。(利島,新島,式根島,神津島方向)
b0022692_1118501.jpg


さらに南下して波浮港へ。
波浮港は,噴火口だったところを外海とつなぐ開鑿工事をして港にしたものだそうです。
川端康成の「伊豆の踊子」に登場する一座が,この波浮港から伊豆へ向かったとされています。
都はるみの「あんこ椿は恋の花」でも有名です。
⑤波浮港
この日は風が強く,外海は結構白波が立っていましたが,湾内はとても静かなものでした。
b0022692_11402770.jpg

b0022692_11404496.jpg

b0022692_1142191.jpg


続きはまた明日。
[PR]
by tamtium | 2009-03-06 11:45 | Comments(2)