<   2005年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

蜘蛛の巣

朝,モミジの小枝に掛け渡した小さな蜘蛛の巣が朝露をつけて光っていた。
長径が15㎝ほど。真ん中に昨夜の獲物の残骸がぶら下がっていた。
この手の小さな巣がかれこれ5つほどみつけた。
面白いことに,この巣と同様に,中心部と周辺部は網目が細かいがその中間は結構粗いのだ。
手抜きでもないのだろうが,面白いつくりだ。

次第に繁くなる朝露に秋の深まりを感じる。
b0022692_14414323.jpg

[PR]
by tamtium | 2005-10-30 14:53 | Comments(10)

食用菊…「もってのほか」

「もってのほか」という名前の食用菊がある。
ピンク色の美しい管菊だ。
シャキシャキした歯触りと独特の香りがよい。
山形県では美味しい菊の代表となっている。

自宅でも栽培しているが,あまり大きな花にはならない。
山形で見かけるものはもっと大きい。寒い気候に合うのかも知れない。

名前の由来は「こんな美味いものを嫁などに食わせるのはもってのほかだ」というのだが,これはどうも嘘くさい。
栽培するのも調理するのも嫁さんなんだから食べないなどということはないはず。

次のサイトには下のような由来が書いてあった。
http://www.yamagata.nmai.org/umaimono/yasai/kiku.html
> 名前の由来は、「天皇の御紋である菊の花を食べるとはもってのほか」とか、「もってのほかおいしい」といったことから転化したとか…

こちらの方が本当らしく聞こえるが…。f(^ー^;

「もってのほか」で検索すると食べ方などもでていますよ。

b0022692_1643524.jpg
b0022692_1644929.jpg

[PR]
by tamtium | 2005-10-29 16:15 | Comments(14)

食用菊

この花は,やがて私のお腹の中に入ります。ヾ(´▽`;)ゝエヘヘ
食用菊は毎年植え替えをして元気の良い花をつけさせています。
本当はそんなこと必要ないのかも知れませんけれど~
b0022692_1963797.jpg


上のは黄色の菊ですが,「もってのほか」という名前のピンクの菊があります。
これも食用で,山形県(私が知る限り)では一番美味しい菊とされています。
まだ蕾なので花が開いたらアップします。
美味しいですよ~。
[PR]
by tamtium | 2005-10-28 19:12 | Comments(2)

紅花南山'すみれ)の蕾がふくらんできた。
この花は肥後すみれの葉とほとんど同じ形をしているので花が咲くまでわからない。
こんなに早くスミレが咲くのかと思うと何か不思議な感じだ。
白花が咲く肥後スミレも蕾が上がってきた。
b0022692_2355477.jpg


これは,酔芙蓉の花心部。肉眼では見えない花弁の襞まで見える。
ある意味ではグロテスクな感じさえする。
b0022692_23561196.jpg

[PR]
by tamtium | 2005-10-28 00:05 | Comments(4)

オクラの実

妹の3回忌でした。
人っていろんな思いを持っていますが,死ねば終わりなんですね~。

このところ,いいデータに巡り会っていない。
というより,自分が気づいていないのかも知れない。
b0022692_19195164.jpg


自分の世界をどう作れるかなのでしょうね。
[PR]
by tamtium | 2005-10-24 19:28 | Comments(10)

酔芙蓉

ちょっと無理をしたのかな。身体がいうことを効かなくなった。
歳だね~。無理は禁物だね~。反省です。

今日は,おざなりに花のアップですが,酔芙蓉のピンクに染まり始めが撮れたので…

白い花が咲きました。
b0022692_18595158.jpg


上の花が少しピンクに染まりました。
b0022692_1901389.jpg


すっかり酔ってしまいましたね~f(^ー^;
b0022692_191225.jpg


酔芙蓉は,こんな感じで自分の一生を閉じていきます。
酔芙蓉は夏場はほんの一日の命。秋でも,せいぜいが二日の命。
この短い時間に自分の命を全うさせるのです~。

私達人間も,その時間は違っても,同じような世界にいるのでしょうね。
[PR]
by tamtium | 2005-10-19 19:09 | Comments(8)

印旛沼の朝

今日は一日雨。
先日撮ってきた「印旛沼の朝」の風景を整理した。
まだまだ審美眼のない私には,とても難しい作業です。
何とか削ったつもりですが,まだまだ削り足りないかも知れません。
どうしても,それぞれの画像に拘ってしまうのです。どうしたらこの拘りから抜け出せるのやら。

今日は,太陽が出る前の雲の輝き,太陽の頭が出た瞬間,太陽が昇った沼の様子の3枚です。

太陽が出る前の雲の輝き
b0022692_17581171.jpg


太陽の頭が出た瞬間
丘の暗い中に,一点ポチッと小さな輝きがあります。見えますか? これが太陽の頭です。
b0022692_17583411.jpg


太陽が昇った後の穏やかな沼の様子
b0022692_17592577.jpg


HPにも載せますのでよろしくお願いします。
Blogでは,RAWファイルを現像して,見た目の状況に直したつもりですが,
HPには,RAWファイルをそのままJPEGファイルにしただけのものを載せます。
画像処理の仕方など,ご意見をいただければ望外に存じます。
[PR]
by tamtium | 2005-10-16 18:13 | 印旛沼 | Comments(6)

夕暮れのススキ

散歩に出た序でに写真も撮ってきた。
雲の浮かぶ夕空にススキの穂がシルエットで浮かんでいた。
ススキの穂は逆光で撮った方がキラキラ感が出るようだが,今回は夕方の可憐な夕焼け雲を背景に撮ってみた。
b0022692_2152329.jpg


下は,露出補正-0.7でストロボを使ってみたが,ススキの穂がまばらだったのと内蔵ストロボなのでメリハリが出なかった。
b0022692_2155073.jpg


成田エクスプレスが走ってきたので撮ってみた。
b0022692_216151.jpg

[PR]
by tamtium | 2005-10-15 21:15 | Comments(6)

印旛沼の朝

漸く時間を取れるようになったので,印旛沼の朝を撮りに行ってきた。
今日は平日なので,バスフィッシングの人達もいません。
朝日を撮ろうという人達が8人ほどでした。

難しいですね~。
どんな風にセットしたらいいのか全く判りませんでした。
b0022692_174847.jpg
ともあれ,折角行ったので,自分の思った限りで一所懸命でとってきました。

b0022692_1748439.jpg
b0022692_17491452.jpg

b0022692_17502111.jpg

[PR]
by tamtium | 2005-10-14 17:51 | 印旛沼 | Comments(8)

相も変わらずで…

漸く拡大教科書の編集が終わり,ほっと一息ついた。
でも,また来年度の入力や画像取り込みが待って入るんですがね~。
ともあれ,めでたし,めでたし…
撮影にでもと思ったのですが,結局は近場で終わり。ニャハハハ

b0022692_2026368.jpg

上のは,庭のシュウメイギクです。
[PR]
by tamtium | 2005-10-13 21:57 | Comments(4)