カテゴリ:印旛沼( 25 )

印旛沼の朝-②

今回は、朝焼け雲の様子です。(画像クリックで拡大します)

①06:07
b0022692_1272135.jpg


②06:08
b0022692_12101179.jpg

③06:08
b0022692_1212638.jpg


④06:09
b0022692_12155012.jpg


⑤06:10
b0022692_12164874.jpg


⑥06:11
b0022692_12192778.jpg


⑦06:12
b0022692_12213614.jpg


⑧06:14(中天の残月)
b0022692_12233232.jpg


⑨06:17(間もなく日が昇る)
b0022692_1227101.jpg

[PR]
by tamtium | 2014-11-29 12:30 | 印旛沼 | Comments(6)

印旛沼の朝-①

3年ぶりで朝の印旛沼を訪れた。
先頃まで水面に顔を出していた水草が綺麗に取り除かれ、
水面がとても美しく見えた。

夜明け前の沼の姿が新鮮に見えました。

画像クリックで大きな画面になります。

b0022692_20531546.jpg


b0022692_20534369.jpg


b0022692_20541663.jpg


b0022692_2055455.jpg

[PR]
by tamtium | 2014-11-28 20:56 | 印旛沼 | Comments(2)

印旛沼夕景

久し振りに印旛沼の夕景を見に行ってきました。

冬至まで約一ヶ月なので、夕日の沈む方角は北西の空。
印旛沼の夕景を撮るのは自分には難しいのでありました。


快晴の空だから雲が焼けるわけではないのですが、
地表に近い空は茜色になり、夕日の回りはまっ赤っかなのでした。
b0022692_042132.jpg

b0022692_051015.jpg



陽が沈んで暫くすると、沼の水面が空の茜色を映して美しく彩られたのでありました。

b0022692_0134993.jpg



東の空を見ると、13夜の月が顔を出していました。
b0022692_07849.jpg

b0022692_074483.jpg

[PR]
by tamtium | 2013-11-17 00:16 | 印旛沼 | Comments(8)

印旛沼の夜明け

印旛沼の湖面に明けの明星を・・・。 と 写友のR氏から注文を頂いた。

早朝の印旛沼はほぼ1年振りのほうもんである。
4時15分頃到着、カメラをセット。
東の空には、金星、月、オリオン座、小いぬ座、シリウスなどが美しく輝いていた。

汀に行って金星の映りこみを探すも無い。 よくよく岸に近づいてみたら、「あった、あった」
しかし、光がごく弱い。空の金星の光度に比べ半分も無いような感じである。
えーいままよとばかりに撮影開始。

撮れました~!!
水面が揺れるのでキリッとは写らないけれど画面の下ぎりぎりの場所に、滲んでいるのが明星であります。
①金星と映りこみ(4:27)
b0022692_931794.jpg


ご注文をこなせたので、後は夜明け前の沼の姿を楽しんできました。

②月(上)と金星(左下)
b0022692_9322874.jpg

③対岸はまだ夢の中
b0022692_9362279.jpg

④空が明るんで・・・
b0022692_9374280.jpg

⑤出漁準備
b0022692_9403838.jpg

⑥水鳥が朝食へ
b0022692_9421487.jpg

⑦雲も金色に染まり・・・
b0022692_945778.jpg

⑧出船
b0022692_9453750.jpg

⑨金色に向かって
b0022692_9501197.jpg

⑩金色の中を
b0022692_951452.jpg

[PR]
by tamtium | 2012-09-09 09:54 | 印旛沼 | Comments(8)

印旛夕景

夕空が晴れていたので,印旛沼の夕景を見に行ってきた。
残念ながら,思った程の夕焼けは見られなかった。

b0022692_1672544.jpg

b0022692_1643165.jpg

b0022692_1653236.jpg

b0022692_166293.jpg

b0022692_16245878.jpg

b0022692_1683822.jpg

b0022692_16113864.jpg

b0022692_16273567.jpg

b0022692_16182646.jpg

b0022692_16202149.jpg

[PR]
by tamtium | 2011-09-24 16:21 | 印旛沼 | Comments(4)

ありがとうございました

今年も明日一日で終わります。
今年も撮影は中途半端になってしまいました。
つたない写真をご覧下さった皆様に心より感謝申し上げます。
それなりに撮ってきたつもりですが,やっぱり不十分だったと思います。
もっともっと精進したいと思います。
でも,なかなか思うようにいかないことも事実です。
少しずつでも努力したいと思います。

来年もよろしくお願いいたします。佳い年をお迎え下さい。

b0022692_18255378.jpg

b0022692_18265734.jpg

b0022692_18274980.jpg

b0022692_1829304.jpg

b0022692_1830794.jpg

b0022692_18325963.jpg

[PR]
by tamtium | 2010-12-30 18:33 | 印旛沼 | Comments(14)

印旛沼の朝

久しぶりに印旛沼の朝を見てきた。
ちょっとしたハプニングがあったけれど,美しい景色を見ることが出来たので満足である。

b0022692_11545123.jpg

b0022692_11551241.jpg

b0022692_1214087.jpg

b0022692_1223343.jpg

b0022692_1265615.jpg

b0022692_1282879.jpg

b0022692_1285484.jpg

[PR]
by tamtium | 2010-12-18 12:09 | 印旛沼 | Comments(5)

印旛沼の朝

久し振りに印旛沼へ行ってきた。あいにく雲が低く,綺麗な朝焼けは見ることが出来なかった。
それでも,それなりに美しい景色を見ることが出来たのが良かった。
b0022692_10205616.jpg

b0022692_1023531.jpg

b0022692_10252223.jpg

b0022692_10274512.jpg

b0022692_10282167.jpg

b0022692_10312790.jpg

b0022692_103227100.jpg

b0022692_10444057.jpg

b0022692_10501665.jpg

b0022692_10505946.jpg

[PR]
by tamtium | 2009-09-14 10:51 | 印旛沼 | Comments(4)

印旛沼夕景

一昨日はいい天気だったので、午前中に鉢植えの手入れをして、午後から「房総のむら」や印旛沼へ行ってきた。
房総のむらは千葉県の施設で、房総の風土の暮らし振りに関わる施設が整えられている。
今回は、時間的の遅かったので思うように見ることが出来なかった。次回はじっくり見ることが出来るようにしたい。
その帰り道、印旛沼へ寄ってみた。美しい夕景を見ることが出来た。
でも、写真に撮ってみるとそれ程でもなかったかな~?f(^ー^;

①間もなく夕陽が雲に飲み込まれてしまう…
b0022692_17313661.jpg
smc PENTAX-DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF] AF


②陽が沈み湖面に夕闇が漂い始める
b0022692_17505480.jpg

smc PENTAX-DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF] AF


③上空の雲が色付いてきたけれど、上空は可成り強い風があるのか雲の動きが速い。
美しく高い空を撮ってみた。堤防の草を前景に入れました。
b0022692_1757179.jpg

smc PENTAX-DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF] AF

[PR]
by tamtium | 2008-09-26 17:59 | 印旛沼 | Comments(4)

印旛沼夕景

一昨日の写真である。
久し振りに晴天だったので、印旛沼の夕景を撮ろうと思いで掛けた。
しかし、低いところに雲があって、夕焼けは見ることが出来なかった。
初めての場所を見つけたのでいろいろ撮ってみた。

b0022692_9555020.jpg
PENTAX-DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF] AF

b0022692_9562486.jpg
PENTAX-DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF] AF

b0022692_9565959.jpg
PENTAX-DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF] AF

b0022692_9574322.jpg
PENTAX-DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF] AF

b0022692_959477.jpg
PENTAX-DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF] AF

[PR]
by tamtium | 2008-09-22 09:59 | 印旛沼 | Comments(2)